ドSな前彼の影響がとても強く私の心と体に残ってしまっていました。
大学に通っている私がお付き合いしていたのは、年上の25歳のサラリーマンと方でした。
当初はわからなかったのですが、大人の関係を作るようになってからは、彼のドSな性癖がわかってきました。
それがわかったからと言って、相手に嫌悪感を感じるようなことはありませんでした。
それとは逆に、とても素晴らしいセックスを味あわせてもらうことができていました。
それまでの彼氏は、普通なエッチしかしてくれなかったのです。
どちらかといえば自分本位のエッチ、それでも気持ちよくはなれていました。
でも、ドSな彼氏を作ってしまった私は、いつしかドMな道を歩くようになっていきました。
特に前の彼氏のプレイで大好きだったのが、縛られてクリトリスをたくさん責められることでした。
本当にしびれるような快楽があったのです。
体は震えてしまうし、次第に感じすぎて失神するようなことまで…。
こんな強い刺激のあるセックスを満喫できて、とっても幸せな気持ちを味わっていました。
クリトリスを開発され、かなり敏感な状態になってしまっていました。
クリトリス肥大になり、とても感じてしまうのです。
そんな私を調教してくれた彼氏と別れて、とても寂しい日々を過ごすようになってしまいました。
精神的な部分よりも肉体的な部分の寂しさが強く、毎日のようにクリトリスをいじり続けてしまっていたのです。

前彼にやってもらったよなクリトリス調教を思い出しながら、触り続ける日々でした。
多い時なんか、一日に何度もやってしまうほどオナニー中毒状態です。
また激しく刺激して欲しい、私を興奮させて欲しい、感じたい、そんな妄想が止まらない状態でした。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パートナー募集サイトBEST5
クリ調教されている女性から教わったサイト